弥勒山(みろくやま)

高所恐怖症のtakeちゃんと、根性なしのayumi なので、本格的な登山は経験はナシヽ(^。^)ノ

が、、、近くの低ーい山を登るというよりか、テクテク歩いたりするのは好きですとか言いながら、途中ですぐに弱音を吐くけど。
まぁ、好きって事にしておこう





アドベンチャーに乗り換えてからの2年間、私がツーリングのリクエストしかしないから、山あるきもしてなかったけど。

久しぶりに家から一番近くの山へ、テクテク出かけてきた〜。




ちょっと走れば、こんなにも緑広がる田舎。。。
素敵じゃないか!!

春日井市の植物園の駐車場に車を止めて、細野キャンプ場まで歩いたら登山口。
私は、いつも最初のうちだけ元気なのだ!!



道中トイレはないので、キャンプ場のトイレをかりて、テクテクいきます。



8:50、登山道に入る




takeちゃん、毎日片足2キロのおもりを巻いて仕事に行くんだよねーーー。
おもりも巻かず、山靴・山パン、歩きやすいんだろうけど、むっちゃノロノロな私に合わせてね〜



とか思っていそうな、小さくつぶやいていそうな、、背中





私はこの弥勒山が大好きだけど、たぶんtakeちゃんは八曽山の方が好きみたい。
八曽山も家の近く。
いつも、どうしようかね〜って一応考えるけど、私が行きたいって言った所になります。。。(爆)




こんなかっこいい道。



緑がいっぱいの森の中!もいいけど、こんな感じで葉っぱや木の枝の間から光が届いて
明るいのが好き。














元気なのだ。

道樹山大谷山弥勒山と歩きます。










道樹山までの道のりが一番はぁはぁ言います。




続いて大谷山。




私はこの辺りからお腹が減ってグルグル。
飴玉を口に入れて出発。
弥勒山の山頂でご飯だから!!




このあと100Mが・・・・。
途中で下ってくるおじさんが、がんばれ〜って応援してくれた。








私は・・・・・・。



目がいっちゃってる



10:30山頂到着
はいっご飯!!これが楽しみ









うまーーーい。



からーーい。が、うまーーーい。


私は、これでも満足できずに写真にはないけどおにぎりも食べました


お腹が満たされたら、すぐに復活する私。








この日は家で肉が食べたくなり、肉の話をしながら下山
その前に、下の植物園で冷たくて甘い物を買ってーーーーーーとリクエスト。


12:30下山 駐車場から歩きはじめてちょうど4時間。


この後、約束の冷たくて甘い物を買ってもらい、駐車場までの通り道なので植物園を歩く。



アジサイ大好き。
子供の暮らしてた家の庭には、アジサイやバラや藤棚もあったし、イチジクの木もあって美味しかったなー。
でも私は青いアジサイが気に入ってました。


そして帰りにスーパーで買い物。
まだ明るいうちからこれ。



幸せだーーーー  
















山歩き×春日井三山縦走

takeです。

3/7(土)山歩きの予定が朝起きたら雨でした。
金曜日の天気予報とかわっていたうーん
土曜日に山歩きをして日曜日に温泉で疲れをとる温泉・・・が
疲れてないけど先に温泉みたいなひらめき

でもやっぱり温泉は気持ちよかった〜♪
炭酸水素塩泉でぬるぬるのお湯です。





3/8(日)山歩き。
道樹山429m、大谷山 425m、弥勒山437m。合わせて春日井三山を縦走するコース。

家から20分。駐車場に車をとめ、グリーンピア春日井の横をトコトコ歩き細野キャンプ場に向かいます。
久しぶりの山歩き。
いつぶりかと思えば去年の7月ぶりだった。





はじめて歩いた時は細野キャンプ場の入り口がわからず1時間も余分に歩いてからスタートだった。
今は近道に畦道を抜けて20分ほどで入り口に到着。
トイレに寄ってスタート。この先ゴールまでの3〜4時間はトイレがありません。



少し歩いて縁者不動の滝へ下りていく。
気持ちいいね〜って、ひとりだったえ?!
ayumiちゃんは看板の所で休憩してたよ。
他に人がいたら痛い人ではないか。






ここから急な階段をあがる。
虫がayumiちゃんの顔についたらしく、めずらしく、めずらしく キャー ってなっていたむっつり
クモは素手でつかめます。



なかなかの階段で息があがる。
ので、階段をあがるといつもひと休憩。
ここからさらに急登が続くのでここで秘密兵器のストックを出す。
毎朝楽しみに見ているグレートトラバースで田中陽希さんが使っているのを見てザックにさしているだけのを使ってみた。
しかも使い方も両方を一緒に付くのを真似してみた。





ここの山はスギやヒノキがほとんどないので花粉症のayumiちゃんも安心して登ることができる。
僕の好きな八曽山は自然休養林でスギやヒノキだらけなのでayumiちゃんは頭が痛くなると言って行けないのだ泣
スギやヒノキの中を歩くと薄暗くなるが春日井三山は木漏れ日があって明るいのだ。



このストックの付き方のおかげで思っていた以上に足への負担が少なくなり、ペースも上がる。



ayumiちゃんもがんばる頑張る



いつもならここをのぼったら息は切れ、汗だくでかならず座って休憩していたのが、そうならなかった。
ストックすげぇ〜!!
景色を見る余裕すらあるのだ。



名古屋のツインタワーが見える。
前日の雨のおかげで空気が澄んでいる。
ここから少し登ると道樹山429mにつく。



ここからは緩やかなアップダウンなので景色を見る余裕で出てくるといっても木しかないけど。
この感じがなんか好きな2人。
いいね〜、いいね〜を繰り返しながら次の大谷山を目指す。







大谷山425m到着。



ここから入鹿池その左に尾張富士が見える。



ここからグーンと下ります。
そしてグーンと上がる急登です。
ストックがないと太ももがぷるぷるになります。



ayumiちゃんガンバレーグー



2時間ほどで弥勒山437mに到着。
お腹がぺこぺこです。
今回は山専ボトルにお湯を入れてきているのですぐにカップラーメンを食べることができます。
お湯を入れて3分。



名古屋名物台湾ラーメン。
辛そうですが辛いんです。これがまたおいしい。
ayumiちゃんが選んで買ってきたのにヒーヒー言いながら食べてた(笑)
小さい頃は真剣に台湾のラーメンって思っていたがどうも違うらしいのだ。



いつのまにか野鳥の巣箱ができてた。
こんなときに鳥の名前がわかると楽しいだろうな。

弥勒山山頂から。
雲がなければ御嶽山がド〜ンと見えます。
今回は残念ですが見えませんでした。    



反対側。



自分の住む街が眼下に見えます。
うれしくなってズーム。





春日井や名古屋の街並み。
ayumiちゃんは名港トリトンまで見えたそうだがどこだかわからないよえ?!
すげぇ〜なayumiちゃんの目。




ayumiちゃんの希望で下山は短縮コースにします。
フルに歩くと休憩も入れて4時間〜4時間半くらいが3時間くらいになります。









久しぶりの山歩きでしたが、ストックのおかげで疲労も少なくタイムも1番早かったです。
2人ともダイエットするため平日のウォーキングと休日は山歩きすることを誓いましたっ























が、さっそく今日は休憩だえ?!
たまにはね。たまには(笑)


 

八方尾根



この週も、takeちゃんが仕事終わるのを待って出発フンッ



夕ご飯は、駒ヶ岳SAでまたまたソースかつ丼。



安曇野インターで下りたら、暗い中トコトコ下道を走る。



車中泊第二弾は、長野の白馬までちゅん



おやすみ〜。







急に思い立って八方尾根まで。
前日は、八方の湯がある第二駐車場で車中泊。




こんなにたくさんの人だけど、朝6時。








ゴンドラに乗って出発だ!!
で、乗って間もなく・・・・・・・・・。

ayyumiちゃん、後ろ!!っていうから振り返ったら。


雲海。ウネウネの雲海。



朝起きた時、車から出たら霧で駐車場は一面真っ白。
この日もtakeちゃんは、雲海見れるぞ〜!!と朝一番で喜んでたけどその通り。



ぐるぐる360℃絶景のゴンドラに乗って、すでにテンションMAX矢印上

ゴンドラ乗り場が標高770M。
8分間絶景眺めながらのゴンドラに乗り、降りたらそこは標高1400M。兎平に到着。
そこにテラスがあってそこからは日本百名山の雨飾山〜八ヶ岳連峰までが望めます。とあったのでもちろんん立ち寄ることに。



山もすごいし、雲海も感動







100%感動&満足で、この先登らなくてもいいんじゃないかな・・・・とも思ったけど、振り返ったらやっぱり絶景だったので歩こっ。






次はリフト。



久々だけど、歩けるのかなぁ。
「takeちゃん、途中で私がいじけても許してね〜むっつり」ayumi
「・・・・・え?!」take


振り返ればこんなん。


横を見ればこんなん。白馬三山が見えてる。

1本目のリフトを降りたら、標高1680M黒菱平。ここには雲海デッキって言うのがあるから行ってみよ。


時間からして、さっき見た雲海の方がモリモリですごかったけど、遠くの山まで見えた。








写真ばっかり撮ってるから、最初のゴンドラからもう1時間経過の7時。2本目最後のリフトに乗る(笑)







リフトに乗って見えたのは、は五竜岳と鹿島槍ヶ岳。







前方は、歩いてる人がたっくさん見える。
樹林帯で、ずーっとずーっと樹林帯で・・・・登って登ってとかだと自信がないけど、
こんなふうにずっと絶景見ながらなら歩けるかも。ってちょっと思ったちゅん


ゴンドラ+リフト2本乗りついで・・・・いよいよテクテクてくてくてくてく開始〜。
とんちゃん、ココまでなら全然歩かんでも絶景見れるよ(笑)


takeちゃんが、白馬三山(白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)を指して行くぞ〜って言ってる風ですが、
あんなところまでは行けません私たちはむっつり八方池まで行くんだよー。







気持いいから何度も振り返る。
私のうしろに見えてる山。




ゴロンゴロンの岩の登山道だったり、キレイな木道も。



takeちゃんが見てる先には、いつもよく行く所が!!



美ケ原が見えてる♪
すぐ手前は白馬47スキー場。





八方ケルン





久々の山歩きが、こんな青空で絶景丸見えでバイクばっかりじゃなくてもいいな〜って思った日だった。バイク時々ハイキングだな・・・。
登ってきた道を眺める。








第一ケルンを過ぎたらみえてきた唐松岳。



この日歩き終わって、もしかしたら唐松岳まで歩けそうかな〜ってtakeちゃんと話したのだ。
もうちょっと鍛えたら、いつか行ってみよう。







目の前に迫力満点の山肌、かと思えばこんな標高高いのに可愛い花。
自然の色に癒され中。





第二ケルン。





ここまで、1時間くらい歩いたらたどり着けた。
ここからはあと30分で八方池。
往復3時間だから、ずーーーーっと元気いっぱいだった。






上まで登ったら見えてきた八方池。

八方池の周りをぐるっと歩く。
池の上を歩いてる人たちは、そのまま唐松岳へ向かうんだろうな〜。唐松岳までは八方池から2時間半。







takeちゃんが、ちょっとそこで待ってってって言うから待ってます。


takeちゃん移動中。



池の向こう側にまわって、撮ってくれた写真。


むちゃくちゃキレイに、白馬三山が八方池に写ってる。



takeちゃん以外にたくさんの人が、写真を撮ってるのに、ど真ん中でバンザイする私・・・・スミマセン(笑)

いつまでも見ていられるぞーーーーー。
八方池!!!














そして、帰りも絶景眺めながら歩こう。






木道をゆっくり歩いてたら、雪が残ってた。







久々の浮遊♪


途中、おじさんが、「今日は五竜岳も鹿島槍もきれいだ!」
って言った。
私は、迷いなくおじさんに聞く!!「どれが五竜岳で、どれが鹿島槍ですか〜????」と。
今はパンフレットやネットで調べながら書いてるけど、歩いてる時はわからなかったのだ。

takeちゃんが見上げる方向に!!

五竜岳と鹿島槍ヶ岳とわたし〜!! おじさんありがとう。






まだまだ上がってくる人がいっぱい。








八方山荘まで戻ってきて、後はリフトとゴンドラで戻るだけ。
なんで今まで来なかったんだろう!!めちゃ素敵だったわ〜。また来たいくらい。紅葉の季節も良さそうだし。


朝よりちょっとだけ汚れたブーツ。


写真だとわかりにくいんだけど、花畑の上をリフトで下りていくからすっごいキレイなのだ。
そして、歩いてる最中もたっくさんの花が咲いていた。




リフトおりたらご飯食べよってセンターハウス目指して歩いてたけど、途中でお花と同じくらい綺麗な色したものが!!



ワッサーというらしい。めちゃウマハート


こちらは、センターハウスで信州サーモンの中落ち丼だったかな・・・名前は忘れちゃったけど美味しかったわ〜。


ソフトクリームコールをしてたら、takeちゃん買ってくれました。長野らしくシナノスイートって林檎のソフト。うま〜い。





そして、車中泊してた駐車場まで戻ってそこにある温泉へ。
温泉で、めっちゃ登山してそうな方が「いつもいつもあんなにキレイに八方池が見られるわけではないんだっ」て話してた!!
って事は、はじめてにしてむちゃくちゃラッキーだったんだなぁって思いながら、ゆったり温泉



そして楽しくなってしまった私は、翌週も山歩きしよ〜ってtakeちゃんと長野へ向かうのでした。
はじめての八方尾根歩き。最高の夏の思い出になったのだ。
おわり



道樹山・大谷山・弥勒山縦走ハイク!!

12/30の事。

29日まで仕事したtakeちゃん。30日は何するのかなーーー。もちろん家でゆっくりとか、大掃除とか言う選択肢はなく(笑)


近所の低山ハイク。家から車で15分くらいの春日井市の弥勒山へ。
家から15分くらいで行ける低山、2つあるけど私は弥勒山が好き。takeちゃんは八曽山が好き。
そうなると、やっぱり私の行きたい方になるわけです!!



あの木は腐らないのかい?



こんな30日に山をテクテクする人はいるんかな〜。みんな大掃除とか買い出しとかしてるんじゃないの?とか思ったけど、
駐車場はいっぱいだった。
9時30分スタート。
弥勒山も八曽山も、休憩入れて4時間でゴールできるちょうどいい山(*^。^*)



私はなにをしてるんだろう・・・・。って真剣に思ったけど次の写真でわかった。



イノシシみたいだ。



駐車場から、細野キャンプ場まで20分くらい。
夕飯は何にするかって言う話題。takeちゃんに何がいい?って聞いたら焼肉って・・・・。
え〜〜〜〜焼肉かぁ。。。。。と言ったら、じゃあ聞かないでよ怒りと。鍋にしようね〜ちゅん







細野キャンプ場からは、気持ちのいい山歩き。











しゃべったり、静かだったり、ハアハア言ったり、立ち止まって眺めたり。
ハアハア言ってる時は、も――いやだとか必ず弱音を吐くけど。





朝、卵かけご飯を食べたけど完全消化してる気がするー。と、お腹空いたアピールを前を歩くtakeちゃんにする。
「がんばれーーー」の声が返ってくる(笑)



言いたいことを言ったら歩く。





遠くの方に見えるのは、名古屋の街。



takeちゃん・・・「ayumiちゃん、弥勒山けっこうきついよーーー八曽のが楽なのになんで弥勒山??」と不思議そうに言うが、
弥勒山はまず、道樹山→大谷山→弥勒山。ピークが3つで、ここまで頑張ったら次〜、ここまで頑張ったら次〜ってわかりやすい。
道樹山まで行ったらどら焼き食べよ〜、大谷山まで行ったらチョコ食べよ〜、山頂の弥勒山でカップラーメンまであと少し〜みたいな。
あと落葉樹が多くて明るい。あと御嶽山が見える。道を覚えてるむっつり




最初の道樹山。

久々だったから、たしかもうこの辺りで太ももがプルプルしてたなー。



次は大谷山。







みろく山まであと100m。
この看板から100mは、ただひたすら登る(笑)しゃべれない。



でも頑張るのは、御嶽山とカップラーメンが待ってるからね。




御嶽山・乗鞍岳


南アルプス


恵那山

山頂からしっかり山も見えて、さっきのハアハアはもうどっかに行った!!



前日にコンビニで買っておいたラーメン。



5分待つ。





家で食べたら、ただのオサボリご飯だけど山ではむちゃくちゃ美味しくて気分もいいし手



あとは、またtakeちゃんといろんな話しながらテクテク下る。
バイクとか、キャンプとか、スノーシューとか、宝くじ当たってるかとか。



最後、誰かのタオルの落とし物。
2人して、チャーリーさんがぁぁ。とか言いながら。

下山後は近くの温泉行って、お鍋の材料買って帰宅。
年末だから、カニ鍋にしたーーーーカニ

そう。思えばこの頃からの、このカニくらいからはじまって、いまの成長した私が・・・・・泣
今日は2016初ツーリングに行ってきたけど、マジでマジでゴアテックスパンツが苦しくてtakeちゃんに見せたら
「ツーリンンぐやめとく?(笑)(笑)(笑)」って言うもんだから、必死でお腹を押し込んでバイクに乗って来た。

それにしたって、takeちゃん笑い過ぎだから・・・・・。



みろく山ハイクの記事おわり!!

 

八曽山を歩く♪

すぐお隣の犬山市の八曽山。
takeちゃんは、どーやらこの山が好きなようだ・・・。
今年に入ってすぐの、1/9に行ってきた歩く歩く



八曽は、杉やヒノキがいっぱいでとっても癒される〜!!が!!! 花粉の季節になったらとてもつらいのだ(笑)
1月は全然大丈夫手



門の横をすり抜ける。



キレイに澄んだ五条川沿いの林道を30分くらい歩く。
てくてくてくてく。



アップダウンのない林道を30分も歩くので、良いウォーミングアップになるのだ。とtakeは言う。
そう・・・私が好きな山頂から御嶽山が望める弥勒山は歩きはじめてすぐに急な登りだからね(笑)
だからさ、、、、花粉の季節じゃなかったら八曽山でもいいのさ、、、takeちゃんよ。。









takeちゃんが、何かやっていますが・・・ぷっ



この辺りで林道から山道へ入ってゆく。地図はtakeちゃんが持っているので私はついて行くだけだけど、だんだん道も覚えた。









集中豪雨で橋は流され、川の中の石の上を歩いたりしてたけど、どんどんきれいに整備されてゆく八曽山の登山道。









色のない季節も、スッキリと見渡せる空の青が濃くて大好きなんだけれど、だんだんと春が待ち遠しくなってくる。



八曽滝に到着。
私「ここから眺めてるからねーーー。」
たけ「下りてこないのかーーー(笑)」







この八曽滝までは、ほとんど平坦な道。ここからはちょっと頑張って歩くのだ。







お茶――――。飴ちょうだい。暑い。と好き勝手に休憩する私に付き合ってくれるtakeちゃん。いつもありがとうございます♪

ゼイゼイ息があがってくると、だんだん景色を楽しむ余裕がなくなるけど決まってこの後のお昼ごはんの事とか、
家に帰ったらビール飲んじゃうぞーとか、帰り道に温泉に寄ってもいいなとか、そんな事を考えてるとちょっと頑張れるのだ。



八曽山の山頂はそれほどというか、ほとんど展望はない。山頂少し手前の景色の良い所でちょっと休憩。



そして、山頂ではコンビニで買ったおやつを食べる。



ツーリングの時も、ちゃんとこうやっておやつを持ち歩けばお腹ペコペコでもうダメーーーえ?!ってならないんだけどなー。
私は運転してないからいつでも食べられるし。



シダの群生









はじめてココを歩いた時はもうヘトヘトに疲れてて、シダがボーボーで圧迫感あってちょっと息苦しかったんだけど、
慣れてきたら、なんかすごーい。キレイじゃないか!!と思ってしまう(@^^)



このシダ林を抜けて少ししたらお腹のグーグーがうるさいのでごはん。





おやつ&コーヒー。

冬の色の中にパっと鮮やかな椿。








ayumiちゃん、気をつけてねーと言ってくれてた。



はい。っていいながら、お尻がよごれてますが・・・・(涙)↓

わーーーって言いながら尻もちついて、takeちゃんの笑い声が響く山の中汗


なんで写真撮ってるんだよう(笑)

天狗岩








楽しそうに笑ってるな〜。次はどこを歩こうかね〜。





ここまできたら、あとすこし。



暗くて狭いのは怖いのだ。だから、遠くから眺める。





このあと、車のあるモミの木キャンプ場の駐車場へ戻ったら男性の方に新聞の切り抜きを見せてもらう。
八曽の山の中にその景色があるのだそうだが、どこかはわからず。
滝の写真だったけど滝はたくさんあるし、その写真は苔が素晴らしかった。
季節が違うのかもしれないな。

4時間で10キロくらい。帰った後の、お風呂とビールがやっぱり最高だったハート

2016年、takeとayumiの夏の日山の日。

2016.お盆休み。

天気がよかったら決行!!  というか、天気がよい日に行こう!!

と決めているので私もtakeちゃんも朝から、お昼の休憩から、とにかく天気予報とにらめっこ。

「どうやら翌日は登山指数Aだ!」

って事で8/10、夕方に家を出て夜には白馬へ到着。

 

 

ち〜いさいスイフトで、takeちゃん寝れるんだろうかはてなって思うのだけど普通に寝てる。

2人共、車でちょっとだけ乾杯して爆睡。どこでもよく寝る私達。

よく寝たおかげで、5時前には起床。

 

 

駐車場は車がいっぱい。

みんな山登りの人だなにこ 私達はてくてく山歩き。他のみんなは山小屋とかに泊まったりして、本格登山だきっと。

 

気に入ってるローソンのメロンパンで朝ごはん。

takeちゃんに、わざわざローソンに寄ってもらった(^o^)

 

トイレへ行って、パンを食べて、5時頃にはもう八方の駐車場へ移動。そこから車で5分もかからない。

 

まだゴンドラは動いてないよなぁぁぁぁ。と思ったら動いていたから出発!!

 

ゴンドラに8分乗っておりたらもうそこは標高1400Mの兎平。

 

 

今年も雲海。

気持ちよかったぁ。このテラスからは、日本百名山の雨飾山〜八ヶ岳連峰まで望めます。とありました。

 

 

これを見れただけでいいんじゃない?という景色が広がっているけれども、

せっかくゴンドラとリフトの代金も払っているしね・・・。

歩く(笑)歩く歩く

 

 

リフトから見える景色。

「なんかさ〜〜〜〜〜〜、雲でてるね・・・。」

すぐにマイナスな事を言う私(笑)

 

でも私と違っていつもポジティブなtakeちゃんは、上に行ったら晴れてて雲海なんじゃない?

天気予報もいつも私は悪い方の予報を信じてしまうのだけど、takeちゃんは「えっ??」みたいな。

降水確率50%って、確立だからね。50%は降らないって事だ!と言う(笑)

 

 

雲でてるし・・・池は見えないんじゃ・・・by あゆみ汗

 

ゴンドラ1本、リフト2本乗っておりたら八方池山荘。1830m。

 

 

ちょっと青空が見えてきた。

乗り物ばかりで全然歩いてないけど、もう360度絶景なのだ。

 

白馬三山。

 

 

 

 

 

靴ひもを締め直し・・・・。

 

 

この頃は私も元気さぁ〜!

 

 

この木道の辺りからは、五竜岳、鹿島槍ヶ岳が見える絶景スポット。

この日は雲に少し隠れてたけど、やっぱりこうゆう景色を見るとパワーがわくのだ。

 

 

 

 

この空なら、キレイに池も見えるかな♪と思ったらうれしくなった。

振り返ったらこんな感じだったけど(笑)

 

 

 

最初のケルンで一休み。

ケルンとは、山頂や登山道などの道標となるように、石を円錐状に積み上げたものだそうです。

 

そーいえば、このケルンにたどり着くまでに靴のソールがベロンって剥がれてる方がいて、

takeちゃんがザックから防水ガムテープを渡してた。

そして、帰り道にもスニーカーのソールがベロ〜〜〜〜〜〜ンってなってる人にも(笑)

一応入れてあったテープ。役に立つときがあったねぇ。

 

 

すごい景色だ。まだまだ歩くんだな〜。とぼーっとしてたらヘリコプター。

 

 

この上の唐松山荘に運ぶのかな?

この日は知らずに山に遊びに来ていたけど、ちょうど山の日でした。takeちゃんが言うには、唐松山荘も個室は満室だったよ〜って。

とりあえず、八方池を目指してまた歩く。

 

 

 

 

 

 

またヘリコプターがおる。

 

 

八方池が見えてきた。

 

去年、と〜っても感動してまた見に来た。登山を愛している人には笑われるだろうけど、景色が見えなかったら歩きたくない私。

 

リフトの係りの方にも、「こんなアルプスがずっと見えてたのは、ここ最近ではなかったんですよー。ラッキーでしたね」

と言って頂いた。

たしか、去年もそう言ってもらったなぁ。

なんて書くとすごく私達が運が良いみたいだけど、ただただひたすら天気予報とにらめっこしてるから。ふっふっふピース

 

右の方に、走るtakeちゃん。左のカメラマンたちの場所まで移動中。

ここは池と言うよりは、池とその向こうの白馬三山と、池に映る白馬三山がかっこいいスポットなのだ。

 

晴れていて、風がなくて池が静かじゃないと撮れないみたいだ。

 

すばらしい。歩いてきてよかった〜。

takeちゃんに向って、わ〜いばんざいって手を振りたかったけど、他のカメラマンの方たちに迷惑だろうから真面目に歩いたわ(笑)

 

ここで休憩。前日に駒ヶ岳SAで買っておいた牛乳パン。

牛乳パンって、長野のケンミングルメなんだそうだ。たしかに愛知にはないかなぁ。

気にしたことないからわからないけど、この牛乳パンがフワフワのあま〜いパンでめちゃおいしかったー。

裏側を見たら、製造工場は名古屋・・・汗

名古屋で作ってるなら、愛知県のコンビニにも置いてよーーーー。

 

 

パンを食べて出発。

私はこの美しい八方池まででとっても満足なのだけど、

takeちゃんが今年は山頂まで行かなくても、その手前の丸山ケルンまで行こう!と言う。

私にしたらここまででも十分山歩きなのに、この先は登山装備が必要ですって看板もある。

今までは何なんだー! ハイキングか(笑)

 

 

あぁぁ辛いのね泣く  この先辛いのね〜泣く泣く

最後のリフトを降りて、歩きはじめてから八方池まで1時間15分。

帰りも1時間15分だったとしても往復2時間半。でも、写真いっぱい撮ったり休憩したりして〜と考えるんだけど、

元気モリモリなtakeちゃんは先へ進んでおる・・・・。

 

 

じゃあついてくよ----(笑)

 

 

 

嬉しそうなtakeちゃん。

バイクや、自然の中にぶっ飛んで行って遊んでるtakeちゃんはいつも楽しそうだ。

 

 

 

けっこう高い場所だけど怖くないのか〜〜〜〜〜い。

たぶん、そんな事よりも一眼レフが重たくなってきて「おもっうーん」ってなってる。

 

 

八方池。近くの登山の方もつぶやいていたけど、「八方池って小さいんだね・・・」と。

そんなに大きな池じゃない。でもこんな大自然の中の、標高の高い山の道中の、自然に作りだされた物って全て美しい〜!

 

 

私は、この辺りはまだ元気だったかしら? 写真がいっぱい撮ってあるからたぶん元気なんだ。

 

カメラ邪魔になってきたぜぇ〜のtakeちゃん。

 

「だから、山はコンデジでいいじゃん。」

「じゃあさぁ、アレ買っていい?あのコンデジ。」

「・・・・・・・。」

 

 

 

 

疲れてる私(爆)

 

もう嫌だ。

もうぜったい山歩きなんてしないんだ。

とか、一人でぶつぶつ言ってる時。

この山の前に、ayumiちゃんも買いな〜って言ってtakeちゃんが靴を買ってくれたんだけど。

↑歩きはじめる前、まだリフトで新しい靴にウキウキしている私・・・。

 

 

そんなことはもう忘れ、本気でもう歩きたくないんだよう。とつぶやいてたわ。あぁ日頃の運動不足。。。

 

 

 

8/11、まだ山の下ではギラギラ暑くてまわりは夏色の濃い景色ばかりだけれど、山の上は淡い色の可愛い花がたくさんだった。

こうゆうのは、癒される〜。

 

 

takeちゃんは、浮遊をする元気がある。

 

この時、奥の方にいるおばあさんが、ゴロゴロゴロ〜ってちょっとだけだけど滑落。

 

あそこで止まったから良かったけど、びっくりしたわ。

 

私もぼんやりヨタヨタ歩いている場合じゃないな。

 

 

下では見えなかった、五竜岳と鹿島槍岳が見えた。

 

 

そして、takeちゃんが、「見えたよ〜たぶんあそこが丸山ケルンじゃないかな。あと少しだよ」という。

どこがあと少しなのだろう・・・・と思う(笑)

 

この後、あのケルンまで私のカメラには写真なし!!!  お疲れ限界である。

 

 

takeちゃんカメラには花の写真がいっぱい。

 

 

 

お花畑だったのは覚えてる。すごい!と思ったのも覚えてる。写真を撮る余裕がなかっただけ。

 

 

 

途中、雪渓もあった。

 

 

ここでは、たくさんの人が一休みしていた。

その年によって、雪の量も違うんだろうな。

 

 

 

無言ayumi。あともうひと息だちゅん

 

 

八方池から1時間50分。

頑張ったーーーー。丸山ケルン。

標高2430m雲の上だよ!

 

ここから、唐松岳山頂まではどのくらいあるんだろうな?

地図には八方池から唐松岳山頂までは2時間30分とある。

ここまで1時間50分で歩いてるから、私ののんび歩きで・・・。あと1時間くらいかな?

 

でもでもでもでも、よく考えれば山小屋泊にしたら、あと1時間も歩けば絶景見て山小屋でゆっくりできる訳だ。

私達は今から下山。3時間以上・・・・・え?! がんばりましょう。

 

 

 

ぐんぐん歩いてのぼって、山が近い。かっこいいね〜。

 

 

 

この山、白馬三山の白馬鑓ヶ岳。アップにしたら登山してる人が見えた!!すご〜い。あんな所を登ってる。

 

 

下のレストハウスでご飯食べるんだ〜い。ここではゼリー食べてこう。

 

隣りからは、ジュージュージュージューと焼肉&ヱビスで乾杯してる人たちが。すごい。

 

焼肉のにおいにやられてお腹が鳴ってきたぞー。

帰りは2人して足がガクガクブルブル(笑)

 

 

帰り道、これから上るって人とすれ違う時、「雪渓はもう少しですか?」とか、「丸山ケルンはもう近いですか?」と尋ねられた。

 

あと1時間くらいです。とか、まだ少しあります・・・。と答えた時の「そうですか・・・汗」な顔を見て。

めっちゃ気持ちわかるぅぅぅ。と思いながら。

日陰のない場所で石にもたれて、ぐったりしてる人を心配しながらも、

私も頑張って無事下山しなきゃ。とただひたすらお昼ごはんの事を思いながら歩く(笑)

「ごはんハートごはんハートtakeちゃん、私は山賊焼定食にするでぇ〜決めてる!!」と。

 

 

いい天気すぎて、帰りは暑かった。

takeちゃんが記録してるここを見ると、活動時間9.43。活動距離15.94。らしい。ゴンドラとリフトも含まれてるけど。

頑張りました。そして美しかった〜!!

 

 

15時にお昼ごはん。

 

takeちゃんがこのあと愛知まで帰るの・・・・だったので、白馬の宿に泊まることに。白馬ベルグランド

温泉付きで素泊まりも安かったし、コンビニ目の前だし、ゆっくりまったりできました。

 

 

そんな私達のお盆休みの山の思い出、おわり!!

 

 


弥勒山

 

3月半ばごろ、近くの弥勒山へてくてく歩く歩く歩きに行ってきた。

まずは、春日井植物園の駐車場から細野キャンプ場まで。

 

 

途中にある池というか沼からにょきにょき杉が。

落羽松(ラクウショウ)別名・沼杉

 

こんな水の中に・・・腐らんのかな?と毎回思いながら、毎回すごいなと思いながら、スタート地点の細野キャンプ場まで。

 

 

 

呼吸をするためのポコポコは、膝根(しっこん)と呼ばれる呼吸根(気根)だそう。

 

 

 

キャンプ場にはありがたいことにトイレがあるので、トイレへ行ってGO~!!

 

私の好きな弥勒山。御嶽山が見えるんだkyu

 

 

わがままな私は、弥勒山なら歩いてもいいよ〜と言う。

takeちゃんは色々な所へ行きたいから、いつも「えっ汗」って顔してる。

 

 

 

 

植物園〜細野キャンプ場〜道樹山〜大谷山〜弥勒山〜植物園。

最近は短い3時間コースだったけど、トレーニングだからってこの日は休憩込みで5時間くらいのコース。

 

短いコースから、頑張るコースまでいろんなルートがあるのもいい。

 

 


 

 

 

あと、所々から見渡せる景色も気に入ってる。うっすら・・・・・名古屋。

 

 

takeちゃんが指差す方は・・・なんだったかな忘れたむっつり

 

 

 

 

最後のこの階段。

私達を抜いて行ったチビッコが、お父さんに「地獄の階段のぼる?」って聞いてたわ。

地獄(笑)

地獄の階段をゼ〜ハ〜言いながら登ってると、励まされたり話しかけられたり。

今回は、おじさんがどんな山のぼってるの?とか話しかけてくれた。

「私達・・・・低山しか・・・汗高くて怖い所がダメなので」と言ったら、

「唐松岳いいよ〜登った事ある?」と。

「途中まで行った事あります。でもあそこ後半怖いですよね・・・。」

「大丈夫だよ〜でも僕は軽装で行っちゃったから、大変な目にあったよ〜(笑)」

とか話してたら地獄の階段おわり。

 

 

 

 

 

 

御嶽山。みえた。これでこの日のてくてく山歩きは100点満点花丸

 

 

 

 

おひるごはん。焼たらこのおにぎり・明宝ハム・味噌玉。

 

 

味噌玉はお湯で溶いてみそ汁。

幸せ感じるときわーい

 

 

食べたら下山。

今回はロングだったのに元気なまま下山できたな。

でも、色々思い返しながら歩いたけど、泣きそうになるくらい疲れたのって全部暑い季節だったと思う。

暑いは、小っちゃい虫がずーーーーーっと顔の周り飛んでるわ。

 

今の季節なら大丈夫だ!

 

私が元気だから、励まさなくていいし、機嫌悪くなってないか?って心配しなくていいからtakeちゃんも笑顔だわ(笑)

 

 

 

 

 

途中でゼリー飲んだ。

 

 

下山後は温泉入って、夕飯は何にしたかな〜忘れちゃったけどとにかくビールは飲んだ。これは確実!!

さぁ、次はどこ歩こうか、どこ走ろうか。

そして、早めの夕飯でビール飲んでベロベロ〜ビール

私のしあわせな週末〜ルンルン

 


1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

*********************

幸せな瞬間.com

take&ayumi

20131110_466958.jpgバナー.jpg 2005年4月〜2012年3月の7年間
BMW R1200GSに乗る。
2012年4月〜
BMW R1200GS Adventure!!
           

以前のblogはここから

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

コメント

  • 曽木公園の逆さもみじ
    とり天
  • ビーナスは微笑んだ!
    ayumi
  • ビーナスは微笑んだ!
    チャーリー
  • ビーナスは微笑んだ!
    ayumi
  • ビーナスは微笑んだ!
    とり天
  • キャンプツーリング ひるがの高原
    ayumi
  • キャンプツーリング ひるがの高原
    いなみ
  • キャンプツーリング ひるがの高原
    ayumi
  • キャンプツーリング ひるがの高原
    べーやん
  • キャンプツーリング ひるがの高原
    ayumi

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
        

スマホ版へ