雪の白川郷へ

1/24の事♪ 
あしたから3月になっちゃうから・・・・。1月の楽しかった記憶は今日中に(笑)


この日の写真にまざって・・・・。

ばくだんおにぎりの写真が。1/21のtakeちゃんのお弁当は高菜の三角のおにぎり2個。
下のは私の・・・・ばくだん。
とり天さんと・とんちゃんとお昼に食べる予定だったばくだんだ!!(笑)






今日は久々の温泉お泊りツーリングから帰ってきたばっかりで、やっぱりバイクっていいぜ〜ぃハートって実感してるところだけど、
白川郷は車で行った。

雪はあるんか〜〜〜い。雪は・・・・・。
とか言いながら東海北陸道。



雪注意のわりに、道は乾いてるし〜〜〜。





だけど、心配はいらない。郡上からは雪が降ってきた。
せっかくなら、雪の白川郷がみたいから。









昔はあれほど、狂ったように(笑)スキー場に毎週通ってたのに、雪を見ても滑りたいね〜って思わないから不思議だ。
滑ったら、それはそれで楽しいんだろうけど。





荘川村。バイクではいつも下道を走ってる。気持ちのいい山道で大好きな道だ荘川。だいたい私は睡魔と闘ってる頃の荘川。
気持ちよすぎるんだよ〜といつも言い訳してるけど。
あとどのくらいで走れるようになるかなぁ。あぁ春よ来い、早く来い。





takeちゃんが、ここ追い越し車線だよね〜と言う(笑)
たぶんね・・・・。



追い越し車線で安全に追い越しましたが・・・・・



ウケる(~o~)



追い越し禁止。
追い越さないし、追い越せないし〜。



白川郷!!




最初は展望台へいく。



なにやら、いつもはない賑やかな色の柵が。
この日はライトアップの日でした。午前中に着いたけど、場所取りしてるカメラマンいっぱい♪
でも、そのくらい綺麗だったー白川郷のライトアップ。
うれしい!たのしい!おとな旅! 白川郷ライトアップ!!



雪の白川郷。
でも贅沢言うなら、今度は茅葺屋根にはドッサリ雪が積ってて、でも空は青空、奥には白山連峰がバッチリ!な日に行きたいな(#^.^#)







今年、モンベルの黄色買ってもらった。takeちゃんの、ちゃんと山歩きするんだろうな・・・という声が聞こえたような。。。
この下に薄いフリースとインナーダウンでマイナス10℃以下の白川郷でガンガン遊べた〜。優秀です。

ずっと使ってた↓トトロのグレーのパタゴニア・・・内側の生地が剥がれてダメになったわ。

という事で、今年から黄色も〜矢印




展望台の後は、ご飯を食べてちょっと散策。みんなで五平餅食べたお店。五平餅食べたかったのにこの日はなかった残念。



いっぱい人がいる。



動きが子供と一緒・・・。まぁ、危険でなければtakeちゃんも放っておいてくれてます(゜o゜)













いつものお気に入りの場所で写真を撮ろう!!と思ったら、三脚がズラズラならんでる。笑った・・・・。
写真を撮るためにザクザクtakeちゃんが入っていくと、後ろからすごい勢いでおじさんが(爆)



おじさん・・・心配しなくてもtakeちゃんは三脚もっていないし、場所取りじゃないから。
私はもうウケてウケて・・・泣



すごいなーーーーー。ここからのライトアップもきれいなんだろうな。





私達は簡単に、雪の白川郷キレイ!なんて言ってるけど、住んでる方たちにとってはとても厳しい季節なんだろうな。





ふかふか。









takeちゃんはさーー、一眼レフ持ってるから雪の上に倒せないんだよな〜。
でも、どうせ雪の上で格闘ごっこしても負けて雪まみれになって、冷たすぎて痛いからやらないけど・・・。




こうやって、一人自由に遊び回る。



気がすんだから帰ろう。







五平餅見つけた〜。







帰り道は、もちろんせせらぎ街道で!





ガンドガ瀬橋。
名前がめずらしいから、ヘルメットの中で毎回叫ぶ「ガンドガーー!!」














早く、せせらぎ街道ツーリングしたいね〜!! 春よ来い、早く来いにこ


 

”桜”




〜岩倉・五条川の桜〜





〜犬山城の桜〜





〜入鹿池の桜〜





〜霞間ヶ渓の桜〜



 

秋に咲く桜”四季桜”

 

”もともとこの四季桜は、豊田市小原北町の藤本玄碩という医師が文政年間内の始めに名古屋方面から苗を求めて、植えたのが親木となって、広まったものと言われている。マメザクラとエドヒガンの種間雑種と考えられ、花は一重の白又は淡紅色で秋と春に咲く。小原町では、昭和53年に地区の木に制定し、その繁殖に力を入れているため、現在約8,500本あり、町のいたるところで四季桜を見ることができる。”

                                                 出典 小原町の四季桜・花の名所案内 

 

 

takeです。

秋に咲く桜・・・秋桜(コスモス)ではありません(笑)

 

_IGP6812.jpg1.jpg

 

”川見四季桜”

1200本の四季桜が植えられている。

桜と紅葉が一緒に見られる不思議な風景です。

 

駐車場に着いたときには桜に太陽があたっていなくて、しばらくして太陽に照らされた桜を目にしたら感動したー泣

 

_IGP6808.jpg2.jpg

 

_IGP6809.jpg3.jpg

 

427.jpg11.jpg

 

川沿いの四季桜。

太陽に照らされるまで待っていればもっと素敵な色になると思います。

四季桜と楓の紅葉に泣

 

_IGP6779.jpg4.jpg

 

_IGP6790.jpg7.jpg

 

_IGP6785.jpg5.jpg

 

412.jpg10.jpg

 

444.jpg13.jpg

 

”四季桜と柿の木”

桜と柿の不思議なコラボ。

色々な素敵なコラボが見れる四季桜です。

 

 

これでまだ5分咲きです。

 


”御嶽山の麓、白川氷柱群”

バイクの初乗りも済んでいません。

思えば2ヶ月もアドベに乗っていない。

エンジンがかかるか心配なtakeです。

なのに今週末もスノーシューの予定グー

 

 

 

 

ayumiちゃんリクエストの白川氷柱群を見に行きます。

雪の舞う中、中央道を走り長野県に入るころには一旦雪がやんで晴れ間が見えた。

木曽福島の道の駅で昼食を。

 

 

 

 

”とりかえしのつかない美味さの信州黄金シャモ”と

”トロリとろける美味さの信州サーモン”

ダジャレがぬらりと光るポスター。

今回は信州サーモンを頼みました。

以前食べたときが忘れられず。

 

 

 

 

マジでうまい!!

次もこれだな。

 

R19からR361に入っても道路脇には雪があっても路面はドライ。

しかし標高が上がり木曽福島スキー場に近づくを雪が舞ってきて路面に雪が積る。

新地蔵トンネルを抜けると巨大な雪だるまのお迎え。

 

 

 

 

大好きな白樺に雪景色。

 

 

 

 

そして真っ白な道。

中途半端に積っている道より走りやすい。

 

 

 

 

木曽馬の里から。

御嶽山は雲の中。

 

 

 

 

 

スノーシュー持ってこればよかった。

雪が深すぎてこれ以上いけないよ。

 

 

 

 

キャンピングカーだ。

遠いところのナンバーでびっくり。

佐賀ナンバーだった。

 

 

 

 

木曽馬は見なくていいのかい?

いい!

じゃあ駐車場でUターーン。

 

 

 

 

雪の中1本で立つ木。

凛としていた。

 

 

 

 

ちらりと見えてきたのが白川氷柱群。

 

 

 

 

近くまで車で行けるけど道路沿いに停めて雪の中を歩く。

 

 

 

 

道路の上から見る氷柱群。

 

  

          

 

 

このあと気をつけてね〜と言っている自分が転ぶあるあるえ?!

 

 

 

 

下から見る氷柱群。

ゲーターを履いていないからブーツの中に雪が〜っ泣

でも楽しい雪歩き。

 

 

 

 

 

 

さらに近くまで歩きます。

 

 

 

 

こちらまで来るのは初めて。

下から見上げるように見えるところがあると調べていたayumiちゃん。

行きかたまではわからなかったけど。

 

 

 

 

          

 

 

 

 

 

自然の造形美にただただ感動。

 

 

 

 

 

 

          

 

 

白川氷柱群で調べると

岩肌からつたった御嶽の清水が厳しい寒さで凍りつき、美しい氷のカーテンを織り上げます。その大きさはなんと幅約250m、高さ約50mに達する年もあります。雪の白さと陽に照らされた氷の青さが織り成す壮大な情景は、一瞬ときが止まってしまったかのような息を呑む美しさです。”

と書いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2月まではライトアップもやっているそうです。

が、凍えるわっ

 

 

 

 

大桑に道の駅で大好きな木曽の桟の純米大吟醸を久しぶりに買った。

帰りは雪のないR19からR256を真っ白な峠越えして雪道を楽しむ!

 

 

 

 

 

 

昼神温泉のお肉屋さんで馬刺しを買って帰るのだ!

夜は馬刺しと日本酒で乾杯。

最高っ!!

 

 

 

 


地上に降り注ぐ春の星「三椏」  愛知県の巻

takeです。

 

とり天さんのブログで見た三椏。

九州に行かないと見れないと思っていたら、

愛知県にも咲いている場所がありました。

ひっそりと山の奥に咲く春の星。

素晴しい景色に出会えました。

 

バイクで行こうかと思っていましたが午後から雨予報の為、車でおでかけです。

 

愛知県のとある国道から入ったところにある茅葺屋根。

 

 

 

愛知県にもあったんだ。

昨年までは営業もしていたそうです。

残念です。

 

蛙の鳴き声を聞きながら山の中に入っていきます。

 

 

声は聞こえど姿は見えぬ。

 

看板があってそこから少し斜面を登ると・・・

甘〜い香りがしてきます。

 

 

 

 

山の斜面にどこまでも圧巻な三椏です。

はじめての光景にただただ驚きました。

 

           

 

ayumiちゃんはうるうるしています泣

素敵な景色を見て感動できるのって幸せだな〜

 

下からのぞけば星が降ってくるみたいに見えますね。

 

 

うれしくなってず〜っと見ちゃうからなかなか前に進みません。

 

 

 

 

気づいたらayumiちゃんは近くにいませんでした。

 

 

甘〜い、甘〜い香りが漂います。

近づいてみるとより強く甘さを感じますが嫌な甘さじゃなくて・・・なんて言うんだろうか説明がうまくできません。。。

 

 

 

 

奥に行くほど黄色が濃くなっていました。

今が1番の見頃だとこの近所のおじいさんが教えてくれました。

3日もすれば見頃が終わっちゃうそうです。

 

 

ひっそりと山の奥に咲く三椏。

圧巻の群生地。

 

 

聞えてくるのは川のせせらぎだけです。

 

 

 

 

はじめての光景に驚きと溜息。

 

 

川のせせらぎが自然のBGM♪

 

 

 

 

 

来年もここに来るんだ〜♪

春の楽しみが増えました。

 

 

地上に降り注ぐ春の星「三椏」

素敵な花に出会いました。

 

三椏の群生地をあとにしたら雨がポツポツ降ってきました。

 

帰り道、山桜の咲く里のなかを走りました。

愛知県にもこんなに山桜が咲く場所があるなんて。

 

 

 

 

ガンバレ中学生!

雨が強くなってきたよ。

 

 

帰りの高速は土砂降りえ?!

バイクだったら大変だ。

 

 

 

 

 

 


”5月に降る雪の花”

takeです。

 

5月に雪が積りました。

 

 

近所に咲く雪の花。

 

正式名 ヒトツバダゴ

別名 なんじゃもんじゃ

 

ヒトツバタゴはモクセイ科の植物で、別名「なんじゃもんじゃ」と呼ばれる国の天然記念物です。犬山市では、文政5年(西暦1822年)、水谷豊文によって発見され、大正11年(西暦1922年)夏に当時の内務省から依頼を受けた岐阜中学校の波麿実太郎教諭が本宮山麓を散策して再発見しました。集団で自生が確認されるのは珍しく、大正12年(西暦1923年)3月7日に国の天然記念物に指定されました。現在、自生地内には7本のヒトツバタゴが自生しています。

毎年5月中頃に4つに深く裂けた白い花が開花します。満開時にはまるで雪がかぶったように見えます。

国内では木曽川中流域と対馬に分布します。国内の自生地で国の天然記念物に指定されている場所は、犬山市の他に長崎県対馬市、岐阜県中津川市、岐阜県恵那市、岐阜県瑞浪市、岐阜県土岐市に分布しています。

 

                                               犬山市のホームページより

 

 

仕事で通るときにナビにヒトツバタゴ自生地と載っていてず〜〜〜〜〜〜〜っと気になっていた場所です。

昨年にayumiちゃんに仕事終わりに見に行こうと誘ったら・・疲れたと断られましたえ?!

 

しかし今年は犬山の街路樹がヒトツバダゴで真っ白になっているところを見せたら行く〜って。

新聞に載ったみたいで駐車場がいっぱいでしたがギリギリ停めれました。

看板どおりに歩いていきます。

 

 

朝起きたら曇っていましたが、青空です。

青空に雪の花が映えます。

 

 

 

日本では対馬、岐阜県東濃地方の木曽川周辺、愛知県に隔離分布する珍しい分布形態をとっているそうです。

 

 

 

          

 

少し山の中に入るので静かな時間が流れる場所です。

もっとはやく来たかったと思うほどきれいでした。

 

 

 

 

すぐ隣でヒトツバダゴの植木が売っていて欲しくなりました。

自宅でこんな花が見れたら素敵だろうな。

 

成木で樹高は20mを超える大型の落葉高木。幹は灰褐色で縦に切れ目が入る。 葉は長楕円形で4cm-10cm程度となり、長い葉柄を持ち対生する。花期は5月頃で、新枝の枝先に10cm程度円錐形に集散花序をつける。花冠は深く4裂する。雌雄異株であるが、雌花のみをつける株は存在せず、雄花をつける株と、両性花をつける株がある雄株・両性花異株である。秋に、直径1cm程度の楕円形の果実をつけ、黒く熟す。

 

とウィキペディアにありました。

 

最初に成木で樹高は20mを超える大型の落葉高木。とありました。

近くの尾張パークウェイを走るとそれくらいのヒトツバタゴがありました。

欲しいけど・・・デカくなりすぎでしょう。。。

 

 

 

でもきれいだな〜

毎年来ること決定!

 

 

よくツーリングで走る岐阜県土岐市の県道66号線にはヒトツバタゴが植えられているため「なんじゃもんじゃ街道」という愛称が付けられているそうです。

知らんかった〜!!

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

*********************

幸せな瞬間.com

take&ayumi

20131110_466958.jpgバナー.jpg 2005年4月〜2012年3月の7年間
BMW R1200GSに乗る。
2012年4月〜
BMW R1200GS Adventure!!
           

以前のblogはここから

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

コメント

  • 2017.5 晴れた日には♪×御殿場RIDER
    箱のりきょんきょん
  • 2017.5 晴れた日には♪×御殿場RIDER
    チャーリー
  • 2017.5 晴れた日には♪×御殿場RIDER
    とり天
  • 晴れた日には×お転婆RIDER ありがとう。またね!!の日
    ayumi
  • 晴れた日には×お転婆RIDER ありがとう。またね!!の日
    とん
  • 晴れた日には×お転婆RIDER ありがとう。またね!!の日
    ayumi
  • 晴れた日には×お転婆RIDER ありがとう。またね!!の日
    ayumi
  • 晴れた日には×お転婆RIDER ありがとう。またね!!の日
    とり天
  • 晴れた日には×お転婆RIDER ありがとう。またね!!の日
    チャーリー
  • 絶景”美ヶ原高原道路”
    ayumi

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
        

スマホ版へ